顎口腔外科学における治療成績向上を最先端の医療で目指します。

東京都文京区湯島1-5-45
講座紹介
教授あいさつ
スタッフ
研修施設

専門診療
口腔腫瘍(口腔がん)
顎変形症
口唇裂口蓋裂
顎関節症
口腔粘膜疾患
顎骨再建
インプラント
歯の移植

治療実績
外来新患数・入院症例数
治療成績

研究実績
学会発表・論文発表

教育
教育要綱

医療関係の方へ
患者さんを紹介される先生へ
入局希望の方へ


口唇裂口蓋裂

当科における口唇口蓋裂の患者さんの治療について

口唇裂口蓋裂とは

口唇口蓋裂は唇や上あごが割れた状態で生まれてくる先天的な口の病気です。日本人では500人から600人にひとりの割合で生まれています。原因はいろいろな研究がされていますが、未だにはっきりとしたことは解っていません。ただ、薬や酸素濃度、振動、ある種のビタミンの過不足などがその原因として挙げられており、それに遺伝的な要素も無視できません。現在のところ、これらの小さな原因が重なって発生すると言われています。
口唇裂口蓋裂を持って生まれると、裂の程度にもよりますが、哺乳の問題から始まって、唇や鼻の形、発音の問題、あごの発育や咬み合わせの問題、中耳炎の問題、更に学童期、思春期の心理的な問題など様々な問題が起こります。これらの問題を解決するために、当科では小児科、言語聴覚士、小児歯科、矯正歯科、耳鼻科、顎義歯外来、インプラント外来と連携をとりながら、‘チームアプローチによる一貫治療’をモットーに治療にあたっています。医療の進歩に加え、このように適切な時期に専門医が適切な治療を行うことで、以前とは比較できないほど治療成績は向上しています。
初診をされた患者さんには、最初に当院のCLP診療手帳をお渡しし、治療内容について専門に治療にあたっている口腔外科の担当医より説明を行っています。

一貫治療の概略

哺乳、ホッツ床(口蓋床)、術前鼻歯槽形成
哺乳は口唇口蓋裂の赤ちゃんが最初に直面する問題であり、口と鼻との遮断が上手くできないために、おっぱいやミルクを吸う力が弱く時間がかかったり、哺乳量が少なかったりと多くの母親にとっても不安な問題です。哺乳は成長のために必要な栄養をとること以外にも呼吸、発音や筋肉の動きなど口腔機能の発達を促すという重要な目的があります。当科では、ホッツ床という口のなかにいれる入れ歯のようなプレートをできるだけ早期に入れています。このプレートを使うことにより顎の正常な成長を促したり、口と鼻とを遮断させることで上手く飲み込むことができるようになったり、舌の異常運動の抑制などに効果があります。
 さらに口唇裂がある患者さんの場合、当科では鼻歯槽形成法という方法を用いて、口唇形成術術前に鼻の形をより良い状態に近付ける工夫を行っております。

出生直後 鼻歯槽形成装置装着中 鼻口唇形態の改善

哺乳方法:
それぞれの患者さんにあった哺乳方法を指導していますが、おっぱいをあげる直接哺乳では、母親としての自信や自覚また母子双方のスキンシップなど、精神的満足のためにも有効です。直接哺乳だけでは哺乳量が少ない場合は哺乳びんを使い搾乳した母乳、ミルクをあげることができます。しかし口唇、口蓋の裂などがあり上手くいかない場合には口唇口蓋裂用乳首、口唇口蓋裂用哺乳びんなどを用いますが、いろいろな種類がありますので、赤ちゃんにあったものを専門医と相談して選びます。また特殊な場合として経管栄養(チューブを鼻や口から入れてミルクを注入する事)があります。

授乳姿勢:
口唇口蓋裂の赤ちゃんでは口と鼻がつながっているため鼻からミルクが漏れることもあります。ですから赤ちゃんを膝にのせて首を立ててあげると鼻からミルクがあまり漏れることがなくなります。また授乳後はよく排気(ゲップ)させたり、しばらくすぐに寝かさないで様子を見たりして吐乳を防ぎましょう。

口唇形成術
全身的に問題のない患者さんの場合、手術は、全身麻酔が安全に行える3~4ヶ月頃、体重5.5kgを目安に行います。当院では、母子入院を基本としております。入院期間は12日間程が目安です。手術はさまざまな方法がありますが、傷跡が目立たないようにジグザグに縫います。術後は傷の保護のためテープを貼ります。また、鼻の形を整えるためにリテーナーという簡単な装置をしばらくつけるようにします。入院手術には、育成医療の適応が受けられます。

口蓋形成術
手術は1才~1才6ヶ月、体重10kgを目安に行います。口唇形成術の時と同様、母子入院を基本としています。この手術の目的は単に裂を閉鎖するだけではなく、良好な言葉を話せるように軟口蓋といわれる部分の筋肉の走向を換えることにあります。また、手術により上顎の発育が悪くなるのを防ぐためにさまざまな工夫をしています。入院期間は手術後1週間位が目安です。入院手術には、育成医療の適応が受けられます。
術前 術後

言語治療
1歳を過ぎるころから少しづつことばが出始め、そして口蓋裂の手術の前後になると、ことばをすこしづつ話し始めるようになります。当科ではこのころからことばの治療を専門とする言語治療室を受診して、ことばが鼻にぬけないか、独特のくせがついていないかなどを専門の言語聴覚士にいろいろとチェックしてもらっています。すなわち手術後に正しいことばを話せるようになるために4歳ごろまでは言語(構音)発達促進指導をおこなったり、独特なくせがついている場合は集中的言語(構音)訓練を行います。また6歳以後も言語管理を行いますので定期的な通院・受診が必要です。

むし歯の診査と治療
口唇口蓋裂のお子さんは、裂があることなどの影響で歯並びが悪く、むし歯になりやすいので充分な注意が必要です。むし歯予防の第一歩は前歯が生え始めてからの、離乳食から始まる正しい食生活習慣と保護者による効果的な歯磨きです。ブラッシングのチェックなどの口腔衛生管理、むし歯のチェックや予防処置、むし歯の治療を小児歯科に依頼して行ってもらっています。
歯はとても大切です。歯をしっかり守っていきましょう。

歯列矯正治療、顎矯正治療
口唇裂口蓋裂の患者さんの歯並びや咬み合わせは、歯の生える位置の不正、歯がねじれて生えてくる、歯の数が足りない、上あごが小さいことなどいろいろなことから乱杭歯や受け口などが起こりやすいとされています。
矯正治療により顎の成長をコントロールしたり、歯を動かしたりすることにより歯並びや咬み合わせを治していきますが、開始時期、矯正期間などはひとりひとり異なってきますので矯正歯科での精密検査が必要です。
当科での専門外来受診時に矯正治療の必要性がある患者さんには、合同カンファレンスで各科の専門医による診察を行い、治療方針の決定を行っております。また上下の顎のバランスが悪い患者さんには外科的顎矯正治療も合わせて必要となる場合もあります。
外科的矯正治療には、一度に上下の顎を動かして咬み合わせを整える方法と、骨延長法といって、上顎を前に徐々に前に出していく方法等があります。
術前

術後

顎裂部への骨移植
上顎の歯が生える部分で骨のないところ(顎裂)に骨を移植することにより
(1) 顎裂に隣在する歯を移動できるようになる
(2)上顎の骨の連続性をつくり安定させる
(3)瘻孔を塞ぐ
などの利点があります。
手術時期はひとりひとり異なってきますので、合同カンファレンスで各科の専門医による診察を行い、治療方針の決定を行っております。骨は通常は腸骨(ちょうこつ:腰の骨)を使用しますので術後は一時的に歩行障害が起きますが、術後1週間を過ぎる頃よりほとんど気にならなくなります。
また現在人工骨の研究はいろいろと行われており、実際の臨床で使用されているものもあります。当科でもβ−TCPという骨補填材料を用いる場合があります。
入院期間は術後約2週です。
術前 術後

鼻口唇修正
鼻の発育や後戻りなどの問題から、初回の口唇形成術だけですべての変形を整えることは難しいのが現状です。どうしても後から修正の手術が必要になってくる場合があります。
 片側性の口唇裂の場合には5~6歳の就学前から鼻口唇修正術を行うことがあります。入院期間は術後3-8日間程度です。
 また、両側性の口唇裂の場合には鼻の修正(耳の軟骨を移植)と口唇の修正(下唇を上唇に移植)を別々に行う場合があります。入院期間は、耳の軟骨を移植する場合には術後10日間程、下唇を上唇に移植する場合には術後3週間程です。いずれも、患者さんやその御家族と相談してその時期や方法を考えていきます。

補綴、インプラント治療
顎裂部の歯がなかったりする時には補綴治療といってその部分に歯を入れる治療が必要となります。これも治療方法はひとりひとり異なってきますので、合同カンファレンスで各科の専門医による診察を行い、治療方針の決定を行っております。治療は顎義歯外来によって行われますが、場合によってはデンタルインプラントによる補綴治療が可能な場合があり、口唇口蓋裂治療の中でも最終段階と言えます。デンタルインプラントは高度先進医療として医療費の補助が行われ、通常の半分ぐらいの負担となっています。

遺伝
口唇口蓋裂は日本人ではもっとも頻度の高い異常で約500人に1人の割合(0.2%)で生まれてきます。原因について未だにはっきりとしたことは解っていませんが、多因子によるものと考えられています。遺伝的な背景があって、それに環境要因が加わりその相互作用で起きると考えられます。ただ、遺伝だけではなく環境要因も関係していることから、ご夫婦で良く話し合って妊娠を計画的に考え、できるだけ良い環境のなかでの出産を行うことが大切と考えらます。

専門外来
当科では、1960年(昭和35年)からのカルテを保存しており、現在までにその数は2000名余りに上ります。口唇口蓋裂の治療は生まれた直後から、お子さんが成人する頃までの長い期間にわたり、治療が必要になります。口腔外科ではその期間を通じて、治療中の患者さんには、基本的に毎年、リコールの手紙を出し、診察に来院していただくようにしています。これが口唇口蓋裂の専門外来です。専門外来は担当医と予約の上、口腔外科外来において行っています。このことにより、適切な時期に適切な治療が受けられるように診察し、患者さんの訴えや疑問にお答えしています。また治療の必要のある患者さんは口腔外科外来において行われる口唇口蓋裂の合同カンファレンスを受けていただきます。その場で矯正歯科、顎義歯外来など各科の専門医による診察を行い、治療方針の決定を行っております。

医療費の補助
17歳までの口唇口蓋裂患者さんの手術、矯正治療は、育成医療の申請をすると医療費の補助を受けられます。詳しくは保健所や病院事務(業務課患者掛)にお尋ねください。
18歳以上の口唇口蓋裂患者さんの歯並びの不正に対しては更正医療(障害者手帳)の申請をすると治療を受けるときに医療費の補助を受けられる場合があります。詳しくは保健所や病院事務(業務課患者掛)にお尋ねください。

相談・質問

当科では、専門のドクターが様々な疑問・質問・相談に応じています。
お気軽にご連絡ください。
 e-mail: clp.osur@tmd.ac.jp


東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学分野
東京都文京区湯島1-5-45

HOMEアクセスENGLISHリンク集サイトマップ
Copyrght © 東京医科歯科大学 顎口腔外科学分野 All rights reserved. Produced by FARO