顎口腔外科学における治療成績向上を最先端の医療で目指します。

東京都文京区湯島1-5-45
講座紹介
教授あいさつ
スタッフ
研修施設

専門診療
口腔腫瘍(口腔がん)
顎変形症
口唇裂口蓋裂
顎関節症
口腔粘膜疾患
顎骨再建
インプラント
歯の移植

治療実績
外来新患数・入院症例数
治療成績

研究実績
学会発表・論文発表

教育
教育要綱

医療関係の方へ
患者さんを紹介される先生へ
入局希望の方へ


顎骨再建・顎骨造成

担当医: 原田浩之、丸川恵理子
顎骨における腫瘍、嚢胞(のうほう)、外傷(骨折や歯の脱落)、先天異常などにより歯を失い、顎骨を切除する場合があります。当科では切除した顎骨を機能的、審美的に回復させるために、大きな顎骨欠損に対しては血管柄つきの骨皮弁を用いた再建を、比較的小さな顎骨欠損に対しては自家骨や人工骨を用いた骨移植を積極的に行っています。
症例が限定されますが、顎骨再建後のデンタルインプラントは高度先進医療として医療費の補助が行われ、通常の約半分の費用負担となっています。

血管柄付きの骨皮弁を用いた顎骨再建

口腔がんや良性腫瘍の切除後に顎骨に大きな欠損が生じ、歯が失われる場合に機能的、審美的に問題が生じます。当科では血管柄つきの骨皮弁を用いた顎骨再建を行い、良好な結果を得ています。再建後、義歯やデンタルインプラントを入れることで、咬むこと、話すことに対するさらなる機能向上を目指しています。

【肩甲骨皮弁による下顎骨再建例】
肩甲骨皮弁による顎骨再建後
矢印内の広範に下顎骨を切除した後に、肩甲骨皮弁で再建し、移植骨にきざみを入れることで、本来の下顎骨の形態に近づけている。

顔貌写真
顔貌の形態が良好に保たれている。

デンタルインプラント埋入

デンタルインプラントを埋入し、咬合機能の改善がはかられている。

【腓骨皮弁による顎骨再建例】
術前(下顎エナメル上皮腫)
病変部分を切除

腓骨皮弁による顎骨再建後

顔貌の形態が良好に保たれている。

デンタルインプラント埋入
プレート除去後、デンタルインプラントを埋入し、咬合機能の改善がはかられている。

◆ 口腔外科専門外来:再生医療・インプラント 木曜日


東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学分野
東京都文京区湯島1-5-45

HOMEアクセスENGLISHリンク集サイトマップ
Copyrght © 東京医科歯科大学 顎口腔外科学分野 All rights reserved. Produced by FARO