顎口腔外科学における治療成績向上を最先端の医療で目指します。

東京都文京区湯島1-5-45
講座紹介
教授あいさつ
スタッフ
研修施設

専門診療
口腔腫瘍(口腔がん)
顎変形症
口唇裂口蓋裂
顎関節症
口腔粘膜疾患
顎骨再建
インプラント
歯の移植

治療実績
外来新患数・入院症例数
治療成績

研究実績
学会発表・論文発表

教育
教育要綱

医療関係の方へ
患者さんを紹介される先生へ
入局希望の方へ


学会発表・論文発表


論文

1. Kohmoto T, Atsumi Tsuji, Kei-Ichi Morita, Takuya Naruto, Kiyoshi Masuda, Kenichi Kashimada,Keisuke Enomoto, Tomohiro Morio, Hiroyuki Harada, Issei Imoto. A novel COL11A1 missense mutation in siblings with non-ocular Stickler syndrome. Hum Genome Var. 2016; 3; 16003

2. Kayamori K, Ken-Ichi Katsube, Kei Sakamoto, Yoshio Ohyama, Hideaki Hirai, Akane Yukimori, YaeOhata, Takumi Akashi, Masao Saitoh, Kiyoshi Harada, Hiroyuki Harada, Akira Yamaguchi. NOTCH3 Is Induced in Cancer-Associated Fibroblasts and Promotes Angiogenesis in Oral Squamous Cell Carcinoma.PLoS ONE. 2016; 11(4); e0154112

3. Kondo Y, Ohno T, Nishii N, Harada K, Yagita H, Azuma M. Differential contribution of three immune checkpoint (VISTA, CTLA-4, PD-1) pathways to antitumor responses against squamous cell carcinoma. Oral Oncology. 2016; 57; 54-60

4. Kondo Y,Ohno T,Nishii N,Harada K,Yagita H,Azuma M. Differential contribution of three immune checkpoint (VISTA, CTLA-4, PD-1) pathways to antitumor responses against squamous cell carcinoma Oral Oncology. 2016; 57; 54-60

5. 依田 泰. 臼歯部におけるノーベルプロセラASC ジルコニアアバットメントおよびノーベルプロセラFCZ インプラントクラウンの有用性Quintessence インプラントYEAR BOOK 2016. 2016; 235-242

6. Sato M,Morita K,Kabasawa Y,Harada H. Bilateral nasolabial cysts: a case report Jounal of Medical case Reports. 2016; 10; 246

7. Mochizuki Y,Tomioka H,Tsushima F,Shimamoto H,Oikawa Y,Harada H. Clinical evaluation of the coverage of open wounds in the oral surgical field with a polyglycolic acid sheet and a fibrin glue spray and coverage with split thickness skin grafting Annals Maxillofacial Surgery. 2016; 6(2); 228-234

8. Kato Y,Ogasawara S,Oki H,Honma R,Takagi M,Fujii Y,Nakamura T,Saidoh N,Kanno H,Umetsu M,Kamata S,Kubo H,Yamada M,Sawa Y,Morita K,Harada H,Suzuki H,Kaneko MK. Novel Monoclonal Antibody LpMab-17 Developed by CasMab Technology Distinguishes Human Podoplanin
from Monkey Podoplanin Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2016; 2(35);109-116

9. 原田浩之. 口腔癌における頸部制御に対する治療戦略口腔病学会雑誌. 2016; 83(1); 1-6

10. 原口美穂子,道 泰之,田中顕太郎,原田浩之,隅田由香,原田 清,岡崎 睦,谷口 尚. 口腔癌切除後の口腔形態の改善を目指した補助装置―ステントの2 症例― 頭頸部癌. 2016; 42(1); 13-20
口腔機能再構築学講座

11. Kudou M, Ken Omura, Arata Satsukawa, Koshi Matsumoto, Takahide Taguchi, Hiroyuki Harada,Yoshimasa Ishii. Symmetric Lipomatosis Arising in the Tongue Presenting as Macroglossia and Articulatory Disorder Case Reports in Otolaryngology. 2016; (2016);

12. Nguyen CT,Okamura T,Morita K,Yamaguchi S,Harada H,Miki Y,Izumo T,Kayamori K,Yamaguchi A,Sakamoto K. LAMC2 is a predictive marker for the malignant progression of leukoplakia Journal of Oral Pathology and Medicine. 2016;

13. Ohata Y,Tohyama R,Kayamori K,Shimamoto H,Hirota Y,Harada H,Izumo T,Sakamoto K. A rare cancer of the tongue that demonstrated unusual histology and immunohistochemical phenotype: case report International Dentistry Scientific Meeting 2016/UI Proceedings on Health and Medicine. 2016;1(1); 172-175

14. Oda S,Nozawa T,Nozawa-Minowa A,Tanaka M,Aikawa C,Harada H,Nakagawa I. Golgi-Resident GTPase Rab30 Promotes the Biogenesis of Pathogen-Containing Autophagosomes PLoS One. 2016.01;11(1); e0147061

15. 依田 泰. 下顎前歯部単独歯欠損にナローインプラントを応用する際のポイントQuintessence DENTAL Implantology. 2016.03; 23(2); 24-29

16. Shirakawa J,Harada H,Noda M,Ezura Y. PTH-Induced Osteoblast Proliferation Requires Upregulation of the Ubiquitin-Specific Peptidase 2 (Usp2) Expression Calcified Tissue International. 2016.03; 98(3);306-315

17. 高原楠旻,中川 聡,角倉可奈子,今井英樹,原田浩之. 下顎骨関節突起骨折治療後に生じた顎関節強直症の3 例日本顎関節学会雑誌. 2016.04; 28(1); 28-34

18. Tohyama R,Kayamori K,Sato K,Hamagaki M,Sakamoto K,Yasuda H,Yamaguchi A. Establishment of a xenograft model to explore the mechanism of bone destruction by human oral cancers and its application to analysis of role of RANKL Journal of Oral Pathology & Medicine. 2016.05; 45(5); 356-364

19. Macedo R,Rochefort J,Guillot-Delost M,Tanaka K,Le Moignic A,Noizat C,Baillou C,Mateo V, Carpentier AF,Tartour E,Bertolus C,Bellier B,Lescaille G,Lemoine FM. Intra-cheek immunization as a novel vaccination route for therapeutic vaccines of head and neck squamous cell carcinomas using plasmo virus-like particles Oncoimmunology. 2016.07; 5(7); e1164363

20. 武元徹, 樺沢勇司, 津島文彦, 平井秀明, 小村健, 原田浩之. 顎関節部に生じた慢性拡張性血種の1 例日本口腔外科学会雑誌. 2016.09; 62(9); 454-459

21. 小野里祐佑,富岡寛文,高原楠旻,大迫利光,原田浩之. 本態性血小板血症患者に発生した舌癌の1 例日本口腔外科学会雑誌. 2016.09; 62(9); 460-465

22. Marukawa E,Tamai M,Takahashi Y,Hatakeyama I,Sato M,Higuchi Y,Kakidachi H,Taniguchi H,Sakamoto T,Honda J,Omura K,Harada H. Comparison of magnesium alloys and poly-l-lactide screws as degradable implants in a canine fracture model Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials. 2016.10; 104(7); 1282-1289

23. Aktar D, Tomioka H, Hirai H, Oikawa Y, Mochizuki Y, Shimamoto H, Harada H. Value of real-time tissue elastography for squamous cell carcinoma of the tongue. Dent Oral Craniofac Res. 2016; 2(6): 371-375


学会発表

1. 富岡寛文,松川 祥,大迫利光,田口貴英,平井秀明,望月裕美,島本裕彰,原田浩之. 腹直筋皮弁の経時的変化に関する検討. 第34 回日本口腔腫瘍学会2016 年1 月21-22 日2016.01.21 大宮市

2. 島本裕彰, 及川 悠、松川 祥, 平井秀明, 富岡寛文, 生田 稔, 原田浩之. 当分野における分子標的薬治療例の検討. 第34 回日本口腔腫瘍学会2016 年1 月21-22 日2016.01.21 横浜市

3. 平井秀明,松川 祥,大迫利光,田口貴英,望月裕美,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 頬粘膜癌術後の経過観察中に結核性頸部リンパ節炎を認めた1 例. 第34 回日本口腔腫瘍学会2016 年1 月21-22 日2016.01.21横浜市
口腔機能再構築学講座

4. 大迫利光, 小山敏雄, 松川 祥, 原田浩之, 三澤常美. 下顎歯肉悪性黒色腫に対するNivolumab の使用経験.第34 回日本口腔腫瘍学会2016 年1 月21-22 日2016.01.21 横浜市

5. 望月裕美,島本裕彰,富岡寛文,平井秀明,原田浩之. 当科における複数回皮弁再建の検討. 第34 回日本口腔腫瘍学会2016 年1 月21-22 日2016.01.21 横浜市

6. 大迫利光, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌における切除断端陽性例の臨床的検討. 第35 回日本口腔腫瘍学会2017 年1 月26-27 日2016.01.26 福岡市

7. Marukawa E, Harada H, Sasaki Y, Akiyoshi K. Osteoinduction using β-TCP with Nanogel-crosslinkinghydrogel as Nobel scafford for BMP-2. Academy of Osseointegration’s 31st Annual Meeting, February17-20 2016. 2016.02.17 San Diego

8. Marukawa E, Stricker A, Fleiner J, Flugge TV, Harada H, Schmelzeisen R, Nelson K. The differencein bone resorption between mandibular ramus bone block graft and bone splitting for alveolar ridgeaugmentation. Academy of sseointegration’s 31st Annual Meeting, February 17-20 2016. 2016.02.17 SanDiego

9. 佐藤 昌. 馬に蹴られて生じた顔面骨骨折の1 例. 第24 回茨城県歯科医学会 2016 年3 月6 日2016.03.06水戸市

10. 武元 徹, 樺沢勇司, 樋口佑輔, 田畑泰彦, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL 結合ペプチドW9 とbFGF による骨形成促進作用の評価. 第16 回日本再生医療学会総会2017年3 月7-9 日2016.03.07 仙台市

11. Morita K, Naruto T, Tanimoto K, Yasukawa C, Oikawa Y, Masuda K, Imoto I, Inazawa J, Omura K,Harada H. Simultaneous detection of both single nucleotide variations and copy number alterations by next-generation sequencing in gorlin syndrome. The 13th ternational Congress of Human Genetics,
April 3-7 2016 2016.04.03 京都

12. 角倉可奈子,平井秀明,大迫利光,礒部 薫,富岡寛文,坂本 啓,原田浩之. 上顎に発生した歯原性幻影細胞癌の1 例. 第70 回日本口腔科学会学術集会2016 年4 月15-17 日2016.04.15 福岡市

13. 上杉篤史,富岡寛文,福田修平,原田浩之. 顎口腔領域扁平上皮癌手術例における予後指標の検討. 第70 回日本口腔科学会学術集会2016 年4 月15-17 日2016.04.15 福岡市

14. 大野建州,西井直人,近藤雄太,東 みゆき. 扁平上皮癌モデルにおける新規分子VISTAを含めた免疫チェックポイント阻害効果の検討. 第70 回口腔科学会2016.04.16 福岡国際会議場、福岡市

15. Nishii N, Kondo Y, Li L, Lau W, Hi, Harada H, Azuma M. Combined treatment with PD-L1 blockade and a TLR7/8 agonist dramatically enhances antitumor immunity. AACR2016 2016.04.16 New Orleans, LA, USA Ernest N. Morial Convention Center

16. 廣田由佳,大西威一郎,森田圭一,及川 悠,原田浩之,谷本幸介,石川俊平,坂本啓,明石巧,江石義信. Melanotic neuroectodermal tumor of infancy の1例. 第105 回日本病理学会2016 年5 月12-14 日2016.05.12 仙台市

17. 望月裕美, 島本裕彰, 富岡寛文, 平井秀明, 及川 悠, 原田浩之. 遊離肩甲骨複合皮弁移植術を施行した血液透析患者の1 例. 第201 回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016 年5 月21 日 2016.05.21 高崎市

18. 小田理沙子,森田圭一,津島文彦,原田浩之. 当科におけるエプーリスの臨床病理学的検討.. 第201 回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016 年5 月21 日2016.05.21 高崎市

19. 森田圭一, 成戸卓也, 高原楠旻, 井本逸勢, 原田浩之. 口蓋裂を伴う先天異常患者のクリニカルシークエンスの経験. 第40 回日本口蓋裂学会総会2016 年5 月26-27 日2016.05.26 大阪市

20. 牧田玖美子,富岡寛文,平井秀明,原田浩之,名生邦彦,道 泰之,加賀谷肇,原澤秀樹. 口腔がんによる疼痛にイーフェンバッカル錠が有効であった3 症例. 第10 回日本緩和医療薬学会年会2016 年6 月3-5 日2016.06.03 浜松市

21. 島本裕彰,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 口腔悪性腫瘍予防的郭清後の郭清外再発. 第40 回日本頭頸部癌学会 2016 年6 月9-10 日2016.06.09 大宮市

22. 望月裕美, 島本裕彰, 富岡寛文, 平井秀明, 及川 悠, 原田浩之. 口腔腫瘍手術を施行した血液透析患者の臨床的検討. 第40 回日本頭頸部癌学会 2016 年6 月9-10 日2016.06.09 大宮市
口腔機能再構築学講座

23. 島本裕彰,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 口腔悪性腫瘍予防郭清術後の郭清側頸部再発. 第40 回日本頭頸部癌学会2016 年6 月9-10 日2016.06.09 大宮市

24. 富岡寛文,松川 祥,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,島本裕彰,原田浩之. 組織型の異なる口腔多発癌5 症例の検討. 第40 回日本頭頸部癌学会2016 年6 月9-10 日2016.06.09 大宮市

25. 佐藤 潔,島本裕彰,吉村亮一,石田博雄,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 妊娠に合併した舌癌症例の検討. 第40 回日本頭頸部癌学会2016 年6 月9-10 日2016.06.09 大宮市

26. Takahara N, Kabasawa Y, Tetsumura A, Kurabayashi T, Harada H. Dynamic MR imaging of the temporomandibular joint: a preliminary study. Advanced Digital Technology (ADT) North America & Japan Regional Leadership Groups Conference,June 16-20 2016. 2016.06.16 San Diego

27. Kabasawa Y, Tsuchida Y, Takahara N, Kamijo S, Suzuki T. :Accuracy of a 3D Model for Surgical Support in Orthognathic Surgery- Efficacy of Data Synthesis with Computed Tomography and Dental Model Scan-. Advanced Digital Technology (ADT) North America & Japan Regional Leadership Groups Conference, June 16-20 2016. 2016.06.16 San Diego

28. Ngamsom S, Nakamura S, Nomura Y, Tetsumura A, Kabasawa Y, Harada H, Kurabayashi T. Amputation neuroma of the mandible : a case report. 第57 回日本歯科放射線学会2016 年6 月18-19 日2016.06.18 大阪市

29. Ngamsom S, Nakamura S, Nomura Y, Tetsumura A, Kabasawa Y, Harada H, Kurabayashi T. Amputation neuroma of the mandible: a case report. NP0 法人日本歯科放射線学会第57 回学術大会· 第13 回定例総会2016.06.19 大阪

30. 高原楠旻, 樋口佑輔, 武元徹, 樺沢勇司, 原田浩之. 下顎枝矢状分割術による後方移動後の後戻りについて.第26 回日本顎変形症学会総会2016 年6 月24-25 日2016.06.24 東京

31. 樺沢勇司,佐藤百合子,高原楠旻,樋口佑輔,武元 徹,原田浩之. Le Fort I 型骨切り術によるカント修正の精度と術後安定性の検討. 第26 回日本顎変形症学会総会2016 年6 月24-25 日2016.06.24 東京

32. 樋口佑輔,樺沢勇司,佐藤百合子,高原楠旻,武元 徹,原田浩之. CT を用いた顎変形症患者における下顎頭形態の分析. 第26 回日本顎変形症学会総会2016 年6 月24-25 日2016.06.24 東京

33. 佐藤 昌. 当科における薬剤関連性顎骨壊死患者についての臨床的検討. 第42 回関東農村医学会学術総会2016 年7 月9 日2016.07.09 箱根

34. 小笠原 毅,伊藤洋介,浅見拓也,東堀紀尚,鈴木聖一,樺沢勇司,原田浩之,森山啓司. 顔面非対称症例に対する硬軟組織シュミレーションと術後硬軟組織の三次元的比較の試み. 第75 回東京矯正歯科学会学術大会2016 年7 月14 日2016.07.14 東京

35. Miyazaki H,Romeo U,Wada Y,Kato J,Tanaka K,Alessandro DV, Maruoka Y, Watanabe H, Harada H,Asamura S. Treatment strategies for large oral vascular anomalies using intralesional laser photocoagulation. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry, July 17-19 2016.2016.07.17 愛知

36. 高原楠旻, 中川 聡, 角倉可奈子, 津島文彦, 原田浩之. 小児期の顎関節授動術後に再発した顎関節強直症の1例. 第29 回日本顎関節学会総会2016 年7 月17-18 日2016.07.17 箱根

37. 高原楠旻. 見逃してはならない顎関節症に類似した症状を来す疾患. 第29 回日本顎関節学会総会2016 年7月17-18 日2016.07.17 箱根

38. 津島文彦. 見逃してはならない顎関節症に類似した症状を来す疾患. 第29 回日本顎関節学会総会2016 年7月17-18 日2016.07.17 箱根

39. 西井直人,近藤雄太,Lixin Li,Walter Lau,原田浩之,東 みゆき. Combined treatment with PD-L1 blockade and a TLR7/8 agonist dramatically enhances antitumor immunity. 第20 回日本がん免疫学会2016.07.27 大阪市 大阪国際交流センター

40. 大畑八重,行森茜,栢森高,原田浩之,出雲俊之,坂本啓. 左上顎腫瘍の一例. 第27 回日本臨床口腔病理学会2016 年8 月10-12 日2016.08.10 広島市

41. 西井直人,立浪秀剛,近藤雄太,原田浩之,東 みゆき. 低濃度TLR7/8 アゴニスト全身投与の抗腫瘍効果とPD-L1 阻害との併用. 第58 回歯科基礎医学会2016.08.24 札幌市 札幌コンベンションセンター 口腔機能再構築学講座

42. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,佐藤 潔,安川知里,原田浩之. シェーグレン症候群の病型と併発病変について. 第26 回日本口腔内科学会2016 年9 月23-24 日2016.09.23 岡山市

43. 西井直人,立浪秀剛,近藤雄太,原田浩之,東 みゆき. Antitumor effects of a low dose TLR7/8 agonist and its combined therapy with PD-L1 blockade. 第75 回日本癌学会2016.10.06 横浜市 パシフィコ横浜

44. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. Clinical application of cell-free DNA in oral cancer. 第75 回日本癌学会2016 年10 月6-8 日2016.10.06 横浜市

45. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,谷本幸介,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第54 回日本癌治療学会2016 年10 月20-22 日2016.10.20 横浜市

46. 佐藤 昌,河内敏行,宮本三千代,諸田有佳,武田一夫,秋田 哲,川澄亜耶,大図純子,飯泉敦司、林 潤一. 当院の骨粗鬆症リエゾンチーム(OLT) における歯科口腔外科の活動報告. 第65 回日本農村医学会学術総会2016 年10 月26-27 日2016.10.26 志摩市

47. 伊東 哲,尾田誠一郎,松下善彦,川野 大,森 正次. 静脈内鎮静法の下,ミダゾラム投与により重篤な過換気後無呼吸を呈した過換気症候群の一症例. 第44 回日本歯科麻酔学会総会· 学術集会2016 年10 月28日-30 日2016.10.28 札幌市

48. 松下善彦,伊東 哲,川野 大,尾田誠一郎,森 正次. 全身麻酔下に上顎嚢胞摘出し,帰室許可直後より呼吸抑制を呈した病的肥満患者の1 例. 第44 回日本歯科麻酔学会総会· 学術集会2016 年10 月28 日-30 日2016.10.28 札幌市

49. 鈴木紀子, 栗林亜実, 森田圭一, 原田浩之, 渡邊 裕, 倉林 亨. 下顎に生じた乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍の1 例. NPO 法人日本歯科放射線学会第21 回臨床画像大会2016.10.29 東京

50. 武元徹, 樺沢勇司, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model.. 第81 回口腔病学会学術大会2016.11.25 東京医科歯科大学(東京)

51. 丸川恵理子. 多孔質ハイドロキシアパタイト· コラーゲン複合体(リフィット®)の基礎的研究から臨床応用まで. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

52. 丸川恵理子. インプラント前処置としての骨造成のコツ─自家骨採取法から人工骨の選択について─. 第61回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

53. 小井田奈美,樺沢勇司,道 泰之,山口 聰,胡彩,秋山理絵,原田浩之. 口腔癌術後せん妄患者の臨床学的検討. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

54. 櫻井仁亨,津島文彦,出雲俊之,原田浩之. 口腔白板症を伴った先天性角化不全症の1 例. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

55. 山形優子,栢森 高,富岡寛文,佐藤 潔,坂本 啓,原田浩之. 口腔扁平上皮癌進展におけるマクロファージの役割. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

56. 平井秀明,大迫利光,望月裕美,田中香衣, 富岡寛文,島本裕彰,栢森 高,原田浩之. 顎口腔領域に生じた腺様嚢胞癌26 例の臨床病理学的研究. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25 日-27 日2016.11.25 千葉市

57. 樺沢勇司, 佐藤百合子, 高原楠旻, 樋口佑輔, 木村 敦,武元徹, 原田浩之. 可撤性義歯によって上顎骨の位置決めを行い,顎矯正手術を施行した1 例. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日
2016.11.25 千葉市

58. 尾田誠一郎,森 正次,松下善彦,松川 祥,木村 敦,原田浩之. 口腔外科術前検査にてBrugada 型心電図を呈した3 例. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25-27 日2016.11.25 千葉市

59. 押部成美,丸川恵理子,寺内正彦,稲田大佳輔,原田浩之. 老齢ラットにおける低濃度BMP-2/ナノゲル複合体含有β-TCP の異所性骨誘導の検討. 第61 回日本口腔外科学会総会· 学術大会2016 年11 月25 日-27日2016.11.25 千葉市

60. 町田奈美,島本裕影,原田浩之. 舌腫瘍術後の重度の摂食嚥下障害にアプローチした一例. 第61 回(公社) 日本口腔外科学会総会· 学術大会2016.11.26 千葉
口腔機能再構築学講座

61. 安川知里,丸川恵理子,望月裕美,宗像源博,春日井昇平,立川敬子,原田浩之. 巨大な下顎エナメル上皮腫術後にインプラント治療を行った1例. 第20 回日本顎顔面インプラント学会総会· 学術大会2016 年12 月 3-4 日2016.12.03 東京

62. Nishi N, Tachinami Hidetake, Kondo Yuta, Harada Hiroyuki, Azuma Miyuki. Antitumor effects of a low dose systemic administration of a TLR7/8 agonist and its combined therapy with PD-L1 blockade. 第45 回日本免疫学会2016.12.05 宣野湾市 沖縄コンベンションセンター

63. 板井俊介,富岡寛文,原田浩之. 頭蓋底に進展した再発エナメル上皮腫の1 例. 第202 回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016 年12 月10 日2016.12.10 東京

64. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,原田浩之. 骨髄移植後の小児の舌に生じた膿原性肉芽腫の1例. 第202 回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016 年12 月10 日2016.12.10 東京

65. 木村 敦,高原楠旻,樺沢勇司,原田浩之. 下顎骨骨折変形治癒後に開口制限を伴う咬合不全を認めた1 例.第202 回日本口腔外科学会 関東支部学術集会2016 年12 月10 日2016.12.10 東京

66. 今井英樹,持田薫利,高橋幸伸,高原楠旻,角倉可奈子,中川 聡. 閉口末期の閉口障害に対する治療法についての検討. 第202 回日本口腔外科学会 関東支部学術集会2016 年12 月10 日2016.12.10 東京

67. 佐藤 昌. 口腔内転移をきたした大腸癌および肺癌の2 症例. 第202 回日本口腔外科学会関東支部地方会2016 年12 月10 日2016.12.10 東京


東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学分野
東京都文京区湯島1-5-45

HOMEアクセスENGLISHリンク集サイトマップ
Copyrght © 東京医科歯科大学 顎口腔外科学分野 All rights reserved. Produced by FARO